京大・東田式 頭がよくなる都道府県ゲーム

 

gt-tdfk-15

1,500円(税込1,650円)

在庫状況 【完売・品切中】

京都大学パズル博士の東田大志氏が考案した、漢字の書かれたカードを組み合わせて都道府県名のセットを作るゲームです。
隣接都道府県や地方、各分野のトップ5でセットができると得点がアップ!社会の知識がつくだけでなく、漢字の学習にも役立つツールです。

【遊び方】
1.各プレイヤーに手札を7枚配り、残りは山札にします。
2.自分の番になったら、山札か他のプレイヤーの捨て札から1枚取って手札に加え、いらない手札1枚は捨て札にします。
3.2をくり返し、手札8枚で都道府県名のセットができるように組み合わせていきます。「隣接都道府県」「地方」などを集めると得点が上がります。
4.だれか1人が上がったらゲームは終わり。得点計算をします。
5.これを3回戦して、一番得点の多かった人の勝ちです。

++++++++++++++++++++++++
サイズ:約160×115×30mm
内容:カード120枚(都道府県カード94枚/オールマイティカード7枚/ベスト5カード19枚)・遊び方ガイド
対象人数:2~6名

【ご購入前に】※カートへ入れる前にお読みください。


ご購入後のトラブルを避け、安心してお買い物をしていただくため、 支払方法や発送方法による保証の有無、また返品に関する決まりごとなど、「特定商取引法に基づく表記」をご一読いただき、ご了解いただいた上で、お買い求めください。
【おことわり】
当ショップの商品は、すべて実店舗でも販売しておりますので、ご注文後でも在庫切れのご案内をする場合がございます。予めご了承ください。
【ご注意】
撮影時の照明の加減や、カメラの性能、モニター環境などにより実際の商品の色目と異なって見える場合がございます。 また、タイトル商品以外の撮影に使われた小物や背景等は商品に含まれませんのでご注意ください。

★カテゴリーから探す